ブログ式ホームページのオフィスサポート

オフィスサポートはブログ式ホームページ製作を専門とする安くて優しいショップです。

TEL.092-522-0708

〒810-0012 福岡県福岡市中央区白金2-11-30-805

ホームページってなぜ必要なの?

検索結果のもう一歩先が大切

「お店のホームページが無いのはちょっとまずいかな」そう思いつつも、その「まずい」理由が納得できないと「ホームページをしっかり作ろう」という気が起きませんよね。次はその理由をご説明します。

今はインターネットを使ってあらゆる事が検索できる時代です。総務省の調査ではインターネット利用者の91%が検索を利用しています。キーワードさえ入力すれば自分の欲しい情報が一瞬で出てくるわけですから当然です。皆さんバンバン検索しています。

今まで存在も知らなかった商品や情報を知る、お店の場合も同じです。店名ズバリを知らなくても、場所やジャンル、営業時間等の条件に一致するお店としてあなたのお店が検索結果として出ている可能性が十分あるのです。

「どんな形でも検索結果に出るならそれで十分じゃないの?」そう思うかもしれません。しかし、情報を探している人にとってはもう一歩踏み込んだ情報を知るために検索結果のそれぞれのページをクリックするのです。

現実の世界で考えてみましょう。あなたは「”福岡市中央区”で”焼き鳥”が食べたい」と希望しているとします。「どこかいいお店知らない?」と友人に訪ねると一人は「ここにあるよ」と条件に合う電話帳の中の1件を指差しました。お店の名前・住所・電話番号は把握できます。そしてもう一人は「条件に合うお店のリーフレットがあるけど見る?」と差し出ました。どちらのお店に行く確率が高いと思いますか?もう言わずもがなですよね。このリーフレットに近い存在がお店のホームページになります。ホームページではリーフレットよりもっとたくさんの情報を伝える事ができます。検索結果に出るとはいえホームページがあるか無いかではこれだけ情報の差があるのです。

紹介サイトのデメリット

ここまで読んだあなたは「うちは紹介サイトに既に載っているから関係ないな」と思うかもしれません。でも本当にそうでしょうか?場所や営業時間など基本的なお店の情報を知るには役目を果たすでしょう。でも知らない人が作った紹介サイトでは間違った情報や、誤解を招く表現でお店の事が書かれていたらどうされますか?あるいは事実と違う事が書かれていたら・・・。残念ながらこれらは修正することは難しいでしょう。

それにお店として日々こだわっているところや季節のメニュー、今日仕入れた具材の話などもっともっとお客様にアピールしたい、伝えたい事があるのではないでしょうか?お店の正確な、かつ信頼性のある、そして中身のある情報は人任せにせず、自分自身で発信するのが一番なのです。

ホームページは優秀な営業担当者

ホームページを持つことの大きな利点の一つに情報をたくさん発信できるということが挙げられます。基本的な情報である場所の説明や営業時間に始まり、写真を使ってお店の雰囲気やメニュー・商品を案内することも簡単にできます。さらに動画を使うことで写真では表現しきれない商品の良さやオーナーからのメッセージ等もホームページに掲載することができます。

紙を使った宣伝媒体では難しかったことがホームページならいとも簡単にできてしまうのです。ホームページはあなたに代わって夜中であろうが定休日であろうが、24時間365日休まずお店の宣伝をしてくれます。しかも疲れ知らずです。こんな頼りがいのある営業マンを雇わない手はありません。

eigyou

スマートフォン利用者の増加

突然ですがここでクイズです。携帯電話利用者のうちアイフォン等のスマートフォンを使用している人はどれくらいいると思われますか?実はなんと約47%にもなるという調査結果が出ています。(2014年3月時点)2人に1人はスマホ利用者ということですね。

スマートフォンではインターネットへのスムーズなアクセスが重要になります。そのためWiFiが使えるかどうかは大きなポイントになってくるのです。特に飲食店の場合、滞在時間が比較的長くなるため、お店選びの条件として考えられる事も多いのです。

もし、地図上に「WiFiが使えるお店」としてお店の情報が2つ表示された時、検索した人はどう感じるでしょう?「どんなお店かな?」とても自然な心理ですよね。 もしあなただったらホームページがあるお店と無いお店、どちらに興味がわきますか?ホームページが無い事でインターネット上で目の前まで来ているお客様をみすみす逃している可能性も十分あるのです。

では実際にどんな風に表示されるか例を見てみましょう→”ソフトバンクWiFiスポットエリア

「パソコンが苦手だから・・・」は実は食わず嫌い?

比較的年齢が高めの方で「パソコンが苦手だから」という理由でお店のホームページに積極的になれないケースがあります。

パソコンが苦手な方はなぜ「苦手」と感じるのか知りたくて、色々と経験やエピソードを聞いてみると、どうやら「食わず嫌い」な方も実際は多い事に気が付きました。「パソコンが苦手」と言っていたにも関わらず、実践してみると「想像していたより簡単だった」と仰る方も多かったのです。

「パソコンは難しい!」という先入観が強く、それに関連するもの全てが難しいものだとバリアを張っておられたのかもしれません。一昔であればホームページを扱うにはパソコンが必須条件でしたが今ではパソコンが無くてもスマートフォンやタブレットから日々の更新を簡単に済ませてしまうことができます。

うちのスタッフの60代後半になるお母さんは、パソコンはまったく扱えません。でもiPadを自由に使ってネットスーパーを頻繁に利用しています。指で簡単に文字を大きくできたり、直観的に操作できるのがわかりやすいようです。パソコンはどうも気が進まないと言う方は自分の指で触って操作できるスマホやタブレットの方が相性がいいかもしれません。「苦手」バリアを解いてまずは触ってみる事からはじめてはどうでしょうか。

ホームページ制作で最も気になるのはやっぱり費用?
>>続いて『ホームページ制作費のカラクリ』を読む